レンタルオフィス・レンタル会議室に求めるもの

会社の従業員休憩室として利用している一室が…

■ 39歳 男性の場合
会社の従業員休憩室として利用している一室が、定期的な会議スペースに様変わりします。
しかし、外部から多くの人を招いてする会議や商談となると、あまりにも手狭ですし、設備も十分ではありません。
そこで、年に数回はレンタル会議室を利用しています。全員で多くても20人も集まれれば十分なのですが、半日、あるいは1日、真剣に議論したり、研修のできる環境であることが望ましくなっています。レンタル会議室を利用するのは、会社にそのようなスペースがないということであり、一定時間そのスペースに費用を支払っているという自覚を持つことで、真剣さを持つこともできています。
基本的には、集中する環境であることが何よりもありがたいのですが、できればコピー機やファックスがあると、その都度出入りをしなくても済むので、速やかに話の進行を続けることができます。
必ずしも部屋の中に据え置く必要はないのですが、共用のものがあるだけでも、コンビニまで足を運ばなくて済むので助かります。